洋ラン日記  


トップページへ

  2018年2月5日
 
  コウレリア ミゾグチ ’プリンセスキコ' Cll.Mizoguchi 'Princess Kiko'
 (Cll.Snowflake x L.anceps)
アンセプスの血を色濃く引いた清楚な花 花径6cmぐらい
新しいバルブが出来るとすぐに咲き、年に2回以上咲く場合もある
日本で苗がたくさん作られたようで園芸店やホームセンターに出回っている
   
  2018年3月1日
 
  オドンチオダ フローズンアップル Oda. Enzan Starlit 'Frozen Apple'
園芸店で購入(向山蘭園の苗) 原種クリスパムの特徴が良く残っている 花径は5~6cm
   
  2018年8月22日
 
  天皇、皇后ご夫妻が軽井沢にお越しになられました
弊社軽井沢店のすぐ近くにご滞在で、散歩の途中、高峰高原よりお帰りになられるところでお会い出来ました
天皇、皇后としては最後の軽井沢となりました
   
  2019年1月6日
   
  パフィオペデラム セントスイシン Paph. Saint Swithin
 (philippinense x rothschildianum)
ロス系の多花性種 20cm近くになる大輪花
室内の栽培では温度と日照が不十分のためか、2年に一度ぐらいしか咲かない
また花茎も伸びず寸足らずで咲いてしまった
   
  2019年2月18日
 
  ジゴニシア ムラサキコマチ Zygonisia Murasakikomachi
アガニシアとジゴペタラムの属間交配種 2004年RHS登録 ランには珍しい色合い
不定期咲きで株が大きくなると1年中何回も咲くようだ 花径6cm
 
  2019年2月20日
 
  フラグミぺディウム シリミー Phragmipedium schlimii
コロンビアの1200~2100m付近に自生 次々と3輪ぐらい咲くので1か月以上見れる
フラグミは水は好きなようであまり乾かさないようにしている
   
  2019年2月24日
 
  パフィオペデラム デレナーティ Paph. delenatii 
ベトナム原産 最近園芸店にたくさん出回り安くなってしまったが、私の好きな花
弊社売店に入荷した20本のうちの良い花を選んでいるが、ピンクは形は良い
パフィオの中では毎年良く咲いてくれる 花径8.5cm
   
 
  パフィオペデラム デレナーティアルバ Paph. delenatii alba
これも弊社売店に入荷した中から良い花を選んでいるが、形はいまいち 交配親が良くないか
   
  2019年3月1日
 
  エピカトレア ミカワシューティング Epc. Mikawa Shooting (Epi.pseudepidendrum x C.intermedia)
ピンクと黄色系の2種類が出回っているようで、こちらはピンクのタイプ 花径8cm
   
  2019年4月13日
 
  タツタソウ Jeffersonia dubia
時々は庭の草花も紹介します
中国東北部周辺原産 名前の由来は日露戦争のときに軍艦竜田が持ち帰ったことから
軽井沢では良く殖える 高さ15cmぐらいで咲き色が素晴らしい
花は3~4日の命と短い
 
  2019年4月14日
 
  パフィオペデラム サンドダラー Paph. Sand Dollar (primulinum x bellatulum)
プライマリー交配で咲かせ易い 花径9cm 色合いは気に入っている
 
  2019年4月26日
   
  コルマナラ ワイルドキャット Colmanara Wildcat
 ( Oncostele Rustic Bridge × Oncidium Crowborough )
オドントグロッサム、ミルトニア、オンシジュームとの3属間交配種の属名がコルマナラ
だが近年また属名が変わったようで、オンコステレと言うらしい 花径5cm
   
  2019年6月11日
   
  マクレラナラ パガンラブソング Maclellanara Pagan Lovesong 'Ruby Charles' FCC AOS
ブラッシア、オドントグロッサムとオンシジュームの属間交配種 強健で生育良好 花径12cm
   
  2019年6月26日
 
  ディサ キューエンシス Disa Kewensis (Disa uniflora x tripetaloides) 1893年キューガーデンRHS登録
近くの園芸店で購入 北海道で実生苗が生産されているのかネットにも出回っている
花径8cm 花茎は1m近くまで伸びて咲く
南アフリカ原産のクールタイプでなかなか気難しいようだが、秋に植え替えるのが良さそう
花を咲かせた株は秋には枯れてしまうので、脇に出た新芽を秋に植えて育てると大き目の芽なら翌年咲くようだ
   
  2019年8月23日
 
  上皇、上皇后ご夫妻が軽井沢にお越しになられました
夏の1週間ほど弊社軽井沢店のすぐ近くに滞在されますので、うちの横の道でお迎えした
今後も毎年お見えになられるよう祈っています
   
  2020年4月18日
 
  オドンチオダ ラブリーペンギン ’エンペラー’ Oda.Lovely Penguin 'Emperor'
向山蘭園で購入 花径7cm  1991年向山蘭園RHS登録
近年ではオンシジュームに分類が変わったが古い属名のままとする
 
  2020年4月20日
 
  マスデバリア カッパーエンジェル ’オレンジサンセット’
Masd. Copper Angel ’Orange Sunset’ (triangularis x veitchiana)
1982年RHS登録 花径3x11cm 草丈18cm 1年に何回も咲く 大株にしてみたい品種 暑さには強い方
   
  2020年4月24日
 
  マスデバリア ツアカウキャンディ Masd. Tuakau Candy (calocodon x triangularis)
1994年RHS ニュージーランドのL&R Orchids登録 花径2x5cm
花命短く1週間ももたないのが残念だが、花付きは良く次々と咲く 暑さにはやや強い
   
 
  ビーララ マーフィッチ ’ハワーズドリーム’ Bllra.Marfitch'Howard's Dream' AM/AOS
Odontoglossum 、Brassia 、Coclioda、 Miltonia との属間交配種
ブラッシアの血を引き大輪 花径12cm
   
  2020年4月30日
 
  デンドロビューム ナゴミ ’ビッグビレッジ’ Dendrobium Nagomi 'Big Village'
  (cuthbartsonii x bracteosum) 2009年大村農園RHS登録 'Big Village'=大村
クールタイプのデンドロ カスバートソニーのプライマリー交配 花径2.5cm 草丈8cm
性質はカスバートソニーに似ているが、耐暑性はかなりあるよう 2カ月半ほど咲き続けた
   
  2020年5月17日
 
  ミルトニア ’チュチュリーナ’ Milt. Enzan Cascade 'Tuturina'
向山蘭園の苗 花径10cm ピンクの大輪花
   
  2020年5月19日
 
  デンドロビューム ラエビフォリウム Dendrobium laevifolium
  ニューギニア高地(標高650~2400m)原産のクールタイプのデンドロ 花期長く2カ月以上咲き続ける
暑さにもそれ程は弱くないらしい 花径2.5cm 草丈10cm
これもネオソフロンでは調子悪いので、秋には素焼き鉢にミズゴケ植えに戻す
   
  2020年5月24日
 
  ミルトニア ’シンディーズレッド’ Milt. Enzan Rider 'Cindy's Red'
向山蘭園の苗 花径8cm ピンクの中輪花
   
  2020年5月25日
 
  ドラキュラ ロタックス Dracula lotax
エクアドルおよびペルーの標高800~1600m原産 花径4cm 花の部分は1cmほどのごく小輪の笑う猿顔
葉は良く茂るがその割に花は少ない また花命も10日ぐらいで短い 春から夏咲き 暑さには強い方
   
  2020年5月30日
  オドントグロッサム類、マスデバリア、ドラキュラ、リカステなど戸外の栽培場へ出す
出した当初は葉焼けするので、ダイオネットを2重に張る
   
  2020年6月2日
 
  ギボウシ ’ジューン’ Hosta 'June'
やや小型のギボウシで私の一押し まさに6月の庭にぴったり
   
  2020年6月12日
   
  エピカトレア ミカワシューティング Epc. Mikawa Shooting (Epi.pseudepidendrum x C.intermedia)
2系統のうちの黄色のタイプ 花径8cm
   
  2020年6月17日
 
  デンドロビューム ヒビキ Dendrobium Hibiki (bracteosum × laevifolium)
2009年大村農園RHS登録
クールタイプデンドロのプライマリー交配 花径2.5cm 草丈20cm
昨年の葉の落ちたバルブのあちこちから花芽が出て次々と長期間咲く 花で株が見えなくなるほど咲かせてみたい
耐暑性もあり暖地でも栽培可 プラ鉢にネオソフロン植えで調子よい
10月10日追記 開花終了 4ヶ月近く咲き続けた
   
  2020年7月5日
 
  マスデバリア プロディギオサ Masd. prodigiosa
ペルーの2000m付近に自生  花径2x6cm やや下垂する 草丈10cm 株の割りに大きい花
不定期咲きで1年に何回か咲く 暑さにはやや強い
   
   
  プレウロタリス カーディオタリス Pleurothallis cardiothallis
メキシコ、コロンビアからエクアドルの高地(標高300~2900m)原産 花径2cm 草丈15cm
まるでハナイカダのような特異な咲き方 春から秋までボチボチと同じところに何回も咲き続ける
   
  2020年7月13日
 
  ビーララ タホマグレイシャー Bilra. Tahoma Glacier
Odontoglossum 、Brassia 、Coclioda、 Miltonia との属間交配種
市場より入荷 ブラッシアの血を引き大輪 花径13cm
 
  2020年7月14日
 
  デンドロビューム リンビダム Dendrobium limpidum
パプアニューギニア高地、標高1500~2100mに自生する 花の大きさは1cm、草丈4cm程度の超小型種
クールタイプのデンドロ これも前年の葉の落ちたバルブに長い間咲くようだ プラ鉢にミズゴケ植え
   
  2020年7月21日
 
  パフィオペデラム リンレイ クーポウィッツ Paph. Lynleigh Koopowitz (delenatii x malipoense)
花径9cm 花茎は30cm近く伸びる 小型種
   
   
  ミルトニオプシス ファレノプシス Miltoniopsis phalaenopsis
コロンビアの標高1200~1500mに自生 花径4cm 草丈15cm 夏から秋咲き とてもかわいい花 暑さにはやや弱い
   
  2020年7月24日
 
  デンドロビューム カスバートソニー ピンク バイカラー Dendrobium cuthbertsonii pink bicolor
ニューギニア高地(標高750~3500m)原産のクールタイプのデンドロ 花期長く2カ月以上咲き続ける
本種はその色の良い選抜個体 花径2cm 草丈5cm
   
   
  デンドロビューム カスバートソニー オレンジ バイカラー Dendrobium cuthbertsonii orange bicolor
同上のオレンジバイカラーの選抜個体 花径2cm 草丈5cm
   
  2020年7月25日
   
  パフィオペデラム ベラチュラム Paph. bellatulum
ミャンマー、タイ原産 花径6cm リーフスパン20cm程度 ずんぐりとした小型種
   
  2020年7月26日
 
  デンドロビューム スイスマウンテンパレス Dendrobium Swiss Mountain Palace
Mtn's Butterfly Kisses (glomeratum x cuthbertsonii) x cuthbertsonii  2018RHS登録
カスバートソニーと大輪のグロメラタムにさらにカスバを戻し交配したとても大輪の素晴らしい交配
この交配は変化に富んで居り大きさも様々 本種はglomeratumの血が強く出た大柄の個体で
濃いピンクの大株 あちこちから花芽が湧き出るように長期間にわたって咲く 花径3cm、草丈18cm
10月14日追記 4ヶ月以上咲き続けたが、本日花をすべて切って休ませてあげる 長い間ご苦労さん
   
  2020年7月28日
 
  レストレピア アンテニフェラ Rstp. antennifera
ベネズエラ、コロンビア、エクアドル、ペルーの標高1600~3500mに自生 花径1x3cm 草丈14cm
鈴虫草に似たような小さな花 目立たないが年中ボチボチ何回も咲くようだ 高地産だが暖地でも栽培可と思う
   
  2020年8月6日
 
  ドラキュバリア ブルーボーイ ’カウハロウ ’ Dracuvallia Blue Boy 'Cow Hollow' (Masd. uniflora × Dracula chimaera)
マスデとドラキュラの属間交配種 4月に続いて2回目の開花 花径2x5cm 今年4月購入で株はまだ小さい
クールタイプ
   
  2020年8月19日
   正面から
   
   横から
  デンドロビューム ヘコウエンセ Dendrobium hekouense
中国雲南省原産 2011年に登録された新しい原種 花径2.5cm草丈5cmの超小型種 夏から秋咲き
前年の葉の落ちた10mmほどのバルブに倍以上もあるようなアンバランスの大きい花が咲く コルク板付け
   
  2020年8月27日
 
  フラグミペディウム ロージーチャーム Phrag.Rosy Charm (Mem.Dick Clements x schlimii)
えるむ花園さんより購入 花径8cm 花茎は40cm程度に伸び、次々と咲く
真夏に咲いた花としては色形ともまずまず 株に比し花が小さいのが残念 1カ月半は咲いた
   
 
  フラグミペディウム フリッツショーンバーグ Phrag.Fritz Schomburg  (kovachii x besseae)
同じくえるむ花園さんより購入 コバーチーの最も初期の頃の交配 花径12cm
花茎は50cmほどに伸び、次々と咲く これも真夏以外に咲けば色、大きさ、形とももっと良くなると期待する
リーフスパン40cmほどのやや大型種 コバーチーの交配としてはコンパクトな方 10月11日に開花終了
約2ヶ月咲いた
   
  2020年9月5日
   
  マクロクリニウム チャセイ Macroclinium chasei
北軽ガーデンで購入 ボリビアとペルーの標高200〜850mに自生 花径7mm草丈2cmの超小型種 コルク付け
同じ花茎から何度も、また新たにも花茎を出して年中ボチボチと咲くようだ 虫眼鏡で見るような大きさで
ピント合わせが難しかった
   
  2020年9月6日
 
  パフィオペデラム交配種 Paph.Mishima Citron x Paph.Hanying Citron
グリーン系の最新交配種 花径10cm草丈18cm
   
  2020年9月10日
 
  マスデバリア カッパーエンジェル ’オレンジサンセット’
Masd. Copper Angel ’Orange Sunset’ (triangularis x veitchiana)
今年2回目の開花 花径3x10cm 暑さの中良く咲いた 本日の気温24.2/16.6℃ 曇り時々晴れ間一時雨
   
  2020年9月11日
 
  ドラキュラ アスチュータ Dracula astuta
コスタリカの標高1000〜1700メートルに自生 花径ヒゲも含め9cm 花茎は20cmほどに長く伸び立ち上がる
1花茎から同じところに2度咲くので2ヶ月ぐらい咲き続ける クールタイプほどではないが暑さにはやや弱い
   
  2020年9月29日
  パフィオ、カトレア、オンシ類など室内に取り込み始める
今年は秋の訪れが遅いが取り込みは例年通りの時期 
   
  2020年9月30日
   
  プロステケア ビテリナ Prosthechea vitellina
エピデンドラムの近縁種 メキシコなどの標高1400〜2600mに自生 秋咲き
花径3.5cm 30cm以上伸びて咲く美しいオレンジ赤のかわいい花
   
  2020年10月9日
 
  デンドロビューム カスバートソニー イエロ バイカラー Dendrobium cuthbertsonii yellow bicolor
ニューギニア高地(標高750~3500m)原産のクールタイプのデンドロ 花期長く2カ月以上咲き続ける
黄色のバイカラーで特に黄色部分が大きく鮮明な良い花が咲いた ドイツの実生とのこと 花径2cm 草丈6cm
   
  2020年10月14日
   
  スペックリニア ランセオラ Specklinia lanceola
Pleurothallisの近縁種 ジャマイカ、メキシコ、グアテマラ、コスタリカ、コロンビアの標高800〜1500mに自生
花径5mmのコメ粒ほどの花 草丈5cm 超小型種 秋咲き 6cmプラ鉢植え
次々とツボミを出して長期間咲く
   
  2020年10月19日 
   
  オドンチオダ フローズンストロベリー Oda. Enzan Daybreak ‘Frozen Strawberry’
花径6cm 4月に続き2度目の開花 暑さのためかツボミが小さいうちに落ちてしまい4輪しか咲かない
   
  2020年10月25日 
   
  カトリアンセ キャンディー ボール‘ハッピー チャイルド’ Ctt. Candy Ball 'Happy Child' (Ctt.Maricana × C.coccinea)
カトリアンセは旧ソフロレリオカトレア属 花径5cm 花もちがとても良い(1月10日まで2ヶ月半咲いた)
   
  2020年10月29日
   
  カトレア セルヌア C. cernua (= Sophronitis cernua)
花径2cmのかわいい花 これでも花は大きい方か 形色ともまずまず
   
  2020年11月11日
   
  マスデバリア コクシネア ’レイウッズ’ Masd.coccinea 'Leywoods' AM/AOS,SM/JOGA
えるむ花園さんより購入 コクシネアの最高峰の個体 花径10x5cm 色、形、大きさともすばらしい
草丈30cm以上、花茎も60cmほどに伸びる大柄の個体
   
  2020年11月19日
   
   
 
  マスデバリア イグネア Masdevallia ignea
同じくえるむ花園さんより購入 コロンビアの標高2600〜3800mに自生するマスデの代表的原種
色、形の良い選抜個体で、花径4x5cm
   
  2020年11月23日
 
  ハウエアラ チャンツィーラブリー Howeara Chian Tzy Lovely 'Fantasy'
 (Howeara Mini-Primi x Oncidium cheirophorum)
オンシジウム、ロドリゲッチア、レオキルス属の3属間交配
読み方が良くわからないが、台湾の交配のよう 花径2cm 花茎は20cmあまり伸びる小型種
2ヶ月近く咲いたので花もちもまずまず
   
  2020年11月25日
 
  レパンテス テリポゴニフローラ Lepanthes telipogoniflora
コロンビアの標高500m付近に自生 高湿を好む 花径2cm 葉の大きさ1.2cmほどの超小型種
花にも葉にもメタリック調の光沢がある 種名は花がテリポゴンに似ていることによる
追記 2月15日開花終了 3ヶ月近く咲いた
   
  2020年11月26日
 
  プレウロタリス パリオラータ Pleurothallis palliolata 'Elm'
エクアドルの標高約1400〜2200mに自生 花の良い選抜種 花径2cm 草丈15cmほど
葉の上に花筏のように咲くこの系統は地味な花が多いなか、なかなか派手で目立つ
   
  2020年11月27日
 
  ドラキュラ ポリフェムス Dracula polyphemus 'L&R'  
エクアドルの標高約1400〜2200mに自生 L&Rオーキッドの花の大きな選抜種
花径ヒゲも含め20cm以上の巨大輪 鉢底から花芽が出たので撮影に苦労する クールタイプ
   
  2020年11月28日 
 
  パフィオペデラム ワッスナーフェイボライト Paph. Wossner Favorite (hangianum x leucochilum) 
北軽ガーデンで購入 台湾の交配で色、形ともまずまずの花が咲いた 花径8cm リーフスパン20cm程度
花茎はほとんど伸びない、ずんぐりとした小型種  
   
  2020年11月29日
 
  カトレア セルヌア C. cernua 'Extra Large' (= Sophronitis cernua)
1月の群馬蘭展で購入 花の大きな選抜種 花径2.2cm わずかに大きいよう
   
  2020年12月8日
 
  リカステ サンレイ Lycaste Sunray
五島園芸の交配 初花が咲いた 色、形ともまずまずか 花径13cm
湿度不足と温度が高いためか花弁が反ってしまったのでフラワーキャップで少し矯正した 花もちは1ヶ月ほど
   
  2020年12月10日
 
   マスデバリア ビーチアナ Masd. veitchiana ’Prince De Galle’
ペルーの2000~4000mに自生 花径3x10cm 花茎は40cmぐらい直立する クールタイプ 本年5月に続き2回目の開花
   
  2020年12月12日
   
  11月30日                        12月5日
   
  12月9日                         12月11日 
   
   
  ドラキュラ ヴァンピラ ’ベラ ルゴシ’ Dracula vampira 'Bella Lugosi' FCC/AOS
エクアドル西部の標高1800〜2200mに自生 本種中の黒い線のはっきりした最優良個体
花径ヒゲも含め15cm 草丈20cm クールタイプ
   
  2020年12月13日 
   
  コンパレチア マクロプレクトロン Comparettia macroplectron
北軽ガーデンで購入 コロンビア原産 花径2.5cm 距は長く4cmほど コルク付けで株は小さく花は4輪のみ
鉢植では何度か枯らしているので、鉢植での栽培は難しいと思う
   
  2020年12月13日
   
  リカステ ショウナンメロディ Lycaste Shonan Melody 
こちらも五島園芸の交配で初花が咲いた 形は良いが花は株が十分大きくならなかっためかまだ小さい
花径12cm
   
  2020年12月15日
 
  オドンチオダ ラブリーペンギン ’エンペラー’ Oda.Lovely Penguin 'Emperor'
花径7cm 本年4月に続き2度目で12輪開花 豪華に咲いた
昨日は軽井沢に初雪が3cmほど積もった 例年より1ヶ月ぐらい遅いが急に冷え込んできた
   
  2020年12月29日
 
  オドントグロッサム クリスパム Odontoglossum crispum 新しい分類ではOncidium alexandraeとなる
コロンビアの標高1800〜3000mに自生 オドント類の交配に最も多く使われている基本種
花径5cm 小輪多花性の個体 24輪開花
   
  2020年12月30日
   
  マスデバリア カッパーエンジェル ’オレンジサンセット’
Masd. Copper Angel ’Orange Sunset’ (triangularis x veitchiana)
4月、9月に続き今年3回目の開花 花径3x10cm 良く咲いてくれる 全部で10輪開花
   
  2020年12月31日
   
  オドンチオダ スリーピングパレード ’オレンジサンセット’ Oda. Sleeping Parade ‘Orange Sunset’
向山蘭園の苗 花径7cm 色合いとしては渋いがいまいち 12輪開花
本年はご覧頂きありがとうございます 来年はコロナが撲滅し良い年になりますよう祈ります
   
  2021年1月3日
   
  ドラキュラ レムレラ Dracula lemurella
コロンビアの標高1650〜1800mに自生 花径3.5x5cm 草丈12cmほどの小型種
クールタイプほどではないが暑さにはやや弱い
   
  2021年1月14日
 
  パフィオペデラム サンドダラー Paph. Sand Dollar (primulinum x bellatulum)
プライマリー交配 花径8cm
   
  2021年1月15日
   
  ミディ系コチョウラン
昨年冬から春にあちこちの園芸店で色と形の気に入たものを買った ほぼ1年後そろって咲いたので
並べて撮影してみた 花径5~7cm 花もち良く3カ月ぐらい咲くので観賞用には良い
   
  2021年1月19日
   
  パフィオペデラム デレナーティアルバ Paph. delenatii alba
北軽ガーデンで購入の最新交配の初花が咲いた 色、形、大きさともまずまず 花径9cm
   
  2021年2月6日
 
  デンドロビューム サブリフェルム Dendrobium subuliferum
パプアニューギニア、ニューギニアの標高300〜2000mに自生 花径2.5cm 草丈6cmほどの小型種
花期は長く2ヶ月ぐらい咲くようだ 暑さにはやや弱い
   
  2021年2月10日
   
  メディオカルカー バーステージー 'J&L'  Mediocalcar versteegii 'J&L' 
パプアニューギニア、ニューギニアの標高800〜2000mに自生 花径8mm
アメリカのJ&Lオーキッドの色の鮮やかな選抜個体
ツボ型のクレマチス、ヴィオルナ系のような花 クールタイプほどではないが暑さにはやや弱い
   
  2021年2月17日
   
  デンドロビューム スイスマウンテンパレス Dendrobium Swiss Mountain Palace
glomeratumの血が強く出た大柄で、昨年7月から10月まで咲いた個体で冬にまた咲いてくれた
あちこちから花芽が出て、それでも10輪以上咲くようだ 花色は一定していなくて今回は白とピンク
のバイカラーで咲いた 花径3cm、草丈18cm 
   
  2021年2月19日 
 
  メディオカルカー バーステージー subsp. インターメヂウム ’マツシマ’
Mediocalcar versteegii subsp. intermedium 'Matsushima' CBR/JOGA
2/10掲載分と同じく市場より入荷 オレンジと先端部黄色の変種で花の大きい入賞個体 花径1.2cm 草丈12cm
   
  2021年2月22日 
 
  マスデバリア アガスター Masdevallia agaster
ペルー、エクワドルの標高1500~2000m付近に自生 花径4x6cm 草丈7cmほどの小型種
ガク弁基部は筒状で開口部の径1.5cm、腺毛が密生する クールタイプほどではないが暑さにはやや弱い(中温性)
   
  2021年3月4日 
 
  パフィオペデラム ワーディ Paphiopedilum wardii 
中国南西部からミャンマーの標高1200~1600mに自生 ごく素朴で地味な色合いの小型種
花径8cm リーフスパン18cm 市場より入荷 色の濃い花を選んだ
   
  2021年3月8日
   
  カトレア ミリオンキッス ’ヤマブキ’ Slc. Million Kiss 'Yamabuki'
市場より入荷 良く出回っているミニカトレア 花径5cm 草丈15cm
   
  2021年3月9日
   
  カトレア ビューティフルサンデイ ’ジュピター’ Slc. Beautiful Sunday 'Jupiter' 
同じく市場より入荷 花付き良く作りやすいミディ系カトレア 花径7cm 草丈20cm
   
  2021年3月25日 
 
  マスデバリア コクシネア ’ドワーフピンク’ Masdevallia coccinea 'Dwarf Pink' HCC/AOS
えるむ花園さんより購入 コクシネアの小型の入賞花 花径2.5x3.5cm 草丈12cm 花茎も18cmほどの小型の個体
   
  2021年3月29日 
   
  カデチア ファニフォーミス Cadetia funiformis
市場より入荷 ニューギニアの標高500〜800mに自生 デンドロビュームに近縁の小型種
低地産のため丈夫でたくさん栽培されているよう 花径8mm 草丈3cm
   
  2021年3月30日
   
  レストレピア アンテニフェラ Rstp. antennifera
ベネズエラ、コロンビア、エクアドル、ペルーの標高1600~3500mに自生 花径1x3.5cm 草丈12cm
鈴虫草に似たような小さな花 目立たないが年中ボチボチ何回も咲くようだ 
   
  2021年4月8日 
   
  デンドロビューム マウンテンズバタフライキッス Dendrobium Mtn's Butterfly Kisses (glomeratum x cuthbertsonii)
カスバートソニーと大輪のグロメラタムの交配で小柄の個体 美しいピンクバイカラーの大輪花が咲いた
花径4cm 草丈9cm
   
  2021年4月9日
   
  デンドロビューム ベキシラリウス Dendrobium vexillarius
えるむ花園さんより購入 ニューギニアの標高1100〜3500m付近に自生する小型のクールタイプのデンドロ
カスバートソニーと共にニューギニア産の代表種 花径1.5x2.5cm 草丈7cm 花色の良い選抜種
   
  2021年4月10日
   
  デンドロビューム スイスマウンテンパレス オレンジバイカラー Dendrobium Swiss Mountain Palace
同じくえるむ花園さんより購入 美しいオレンジのバイカラー 花径4cm 草丈6cm 小柄の方の系統
   
  2021年4月14日
   
  サーコキラス 交配種 Sarcochilus Bessie×(Royale Red×Nabiac)
Sarcochilusはオーストラリア東部原産で本種は最新の交配種 形が丸くとても良くなっている
花弁の白いところはメタリック調(ラメ調?)にキラキラと輝く 花径2.5cm 草丈15cm
   
  2021年5月8日
   
  カトレア マキシマ ルブラ ’ダークスター’ C. maxima fma.rubra 'Dark Star' CBM/AJOS
岡田蘭園より苗を購入 ようやく咲いた マキシマの特別濃色の有名個体 花径12cm
   
  2021年5月10日
 
  オドンチオダ ピカソ ’ルビーズ’ Oda. Picasso'Rubies'
オドントの古い交配のようで色、大きさともいまいち 花径3.5cm 草丈25cmほどの小型種
   
  2021年5月13日 
   
  デンドロビューム ヒビキ Dendrobium Hibiki (bracteosum × laevifolium)
クールタイプデンドロのプライマリー交配 花径2.5cm 草丈20cm
昨年の葉の落ちたバルブのあちこちから花芽が出て次々と長期間咲く  
   
  2021年5月13日
   5月13日
   7月17日
  レパンテス テリポゴニフローラ Lepanthes telipogoniflora
コロンビアの標高500m付近に自生 高湿を好む 花径2cm 葉の大きさ1.2cmほどの超小型種
2月に咲き終わり3カ月後に再び咲いた 優秀
下段は7月17日の写真 まだまだ咲き続けている
   
  2021年5月21日 
   
  レパンテス ドドソニー Lepanthes dodsonii
コロンビア、エクアドルの標高900~1400mに自生する 葉の大きさ2x3cm 花径1cm
   
   2021年5月24日
 
  デンドロビューム リンビダム Dendrobium limpidum
パプアニューギニア高地、標高1500~2100mに自生する 花の大きさは1cm、草丈4cm程度の超小型種
   
  2021年5月25日
   
  プレウロタリス リューコフィラミス Pleurothallis leucopyramis
プレウロタリスから分かれてPabstiella leucopyramisとなった ブラジルの標高1100~1300m原産
花径0.5x1cm 草丈10cm 一斉に咲くと見ごたえあるようだが1本ずつしか咲かなかった
   
  2021年6月2日 
   
  プロメネア グッタータ Promenaea guttata 
ブラジル原産 ジゴペタラムに近縁 花径4cm 草丈12cmの小型種
   
  2021年6月3日
   
  デンドロビューム カスバートソニー オレンジ バイカラー Dendrobium cuthbertsonii orange bicolor
えるむ花園さんより購入 オレンジバイカラーの選抜個体 花径2cm 草丈4cm
   
  2021年6月8日 
   
  レパンテス グアテマレンシス Lepanthes guatemalensis
メキシコ、グアテマラ、エルサルバドールの標高約1350〜1850mに自生
花径5x13mm 草丈3cmの超小型種 6cmプラ鉢植え
   
  2021年6月8日
 
  ミルトニオプシス ファレノプシス Miltoniopsis phalaenopsis
コロンビアの標高1200~1500mに自生 花径4.5cm 草丈20cm
   
  2021年6月11日
   
  パフィオペデラム キャサリン ブリオイス Paphiopedilum Catherine Briois (godefroyae x delenatii vinicolor)
北軽ガーデンで苗を購入 1年で初花が咲いた まずまずの良花 花径9cm リーフスパン32cm
   
  2021年6月24日
   
  デンドロビューム スイスマウンテンパレス ピンクバイカラー Dendrobium Swiss Mountain Palace
美しいピンクのバイカラー 花径3.5cm 草丈4cm 小柄の方の系統
   
  2021年6月26日
 
  デンドロビューム カスバートソニー レッド Dendrobium cuthbertsonii red
赤の単色 花径2cm 草丈4cm
   
  2021年7月5日
   
  ポダンギス ダクティロセラス Podangis dactyloceras
アフリカの西部~中央部の熱帯雨林に自生 透明感のある白い花が美しい
距があるのでオタマジャクシのよう 花径8mm 草丈7cm
   
  2021年7月11日
   
  パフィオペディラム ウネメ Paphiopedilum Uneme (delenatii 'Red' x S.Gratrix 'Big' ) 2001 RHS登録
北軽ガーデンの苗 初花が咲いた 花径9.5cm リーフスパン32cm ペタルの幅が狭いのが残念
   
  2021年7月13日 
   
  プロステケア マリエ Prosthechea mariae
メキシコ原産 エピデンドラムの近縁種 属名はいろいろ変更があり最近では Euchileと言うらしい
花径6cm 草丈10cm 株のわりにリップが特別大きい
   
  2021年7月16日
   
  パフィオペディラム マジックランタン Paphiopedilum Magic Lantern (micranthum x delenatii )
北軽ガーデンの苗 初花が咲いた 色形ともまずまずか
花径9cm リーフスパン23cm 花茎は30cm以上に立ち上がる
   
  2021年7月23日 
   
   マジックランタンと並べて
  パフィオペディラム メモリア アーニー リンズマン Paphiopedilum Memoria Arnie Linsman
 (delenatii x Fumi's Delight(armeniacum x micranthum) )
delenatii 50%、armeniacumと micranthum 各25%の交配 花径6cm リーフスパン11cm 小型の個体
   
  2021年8月20日 
   
  スカフォセパラム ブレーブ Scaphosepalum breve yellow
ガイアナ、ベネズエラ、コロンビア、エクアドル、ボリビアの標高500〜2200m付近の産 黄色のタイプ
花径8mmの極小輪 同じ花茎に何回も咲くが花が小さ過ぎて目立たない 草姿はマスデに近い
   
  2021年8月27日
   
  ドラキュラ ロタックス Dracula lotax
エクアドルおよびペルーの標高800~1600m原産 花径ヒゲを含め4cm 花の部分は1cmほど
   
  2021年8月28日
   
  デンドロビューム シュードグロメラタム ’ワンダフルワールド’
Dendrobium pseudoglomeratum‘Wonderful World’SM/JOGA
パプアニューギニア原産 くろやなぎ園芸作出の入賞花 やや大型のデンドロ
一昨年のバルブの先端に房状の花をつける 花径3.5cm 草丈70cm うちの栽培環境では大き過ぎ維持が困難
   
  2021年9月19日
   
  デンドロビューム スイスマウンテンパレス Dendrobium Swiss Mountain Palace
glomeratumの血が強く出た大柄の個体 今年の2月から咲き続けている 今回は16輪も咲きそろった
花径3.5cm、草丈20cm  
   
  2021年9月20日
   
  マスデバリア カッパーエンジェル ’オレンジサンセット’
Masd. Copper Angel ’Orange Sunset’ (triangularis x veitchiana)
昨年12月以来の開花 花径3x10cm 今回は2輪開花
   
  2021年9月24日 
   
  ドラキュラ ベラ ’エレナ’ Dracula bella 'Elena'
コロンビア、エクアドルの標高1700〜2000mに 花径4x15cm 草丈25cm やや大型種
   
  2021年10月6日 
   
  パフィオペディラム チャールスウォーシー Paphiopedilum charlesworthii
国内蘭園の実生苗初花 花径NS7.5cm ドーサル7.0cm ドーサルの広いまずまずの花
   
  2021年10月14日
   
  フラグミペディウム ロージーチャーム Phrag.Rosy Charm (Mem.Dick Clements x schlimii)
花径8cm 花茎は40cm程度に伸び次々と3輪ぐらい咲く 株に比し花が小さいのが残念
   
   
   
   
このページの先頭へ トップページへ